FC2ブログ

『夜と霧 新版』

『夜と霧 新版』ヴィクトール・E・フランクル池田 香代子:訳第250回の今回は『マンガでわかる世界の名著』の記事でも触れた『夜と霧』を紹介いたします。歴史上でも最大級の犠牲者を出したとされるアウシュヴィッツ強制収容所に収容された精神科医、フランクル先生の記録です。壮絶な収容所生活の記録と、そこで被収容者の精神にどのような影響を及ぼしたのかを知ることで、人間の内面に関する深い洞察を読むことができる名著で...

『ゴッドドクター 徳田虎雄』

『ゴッドドクター 徳田虎雄』山岡 淳一郎第242回の今回は、手に汗握る怒涛の展開が繰り広げられるドラマチックなノンフィクションをご紹介します。描かれているのはタイトルにもある医師であり政治家であり、何より「医療法人徳洲会」の創始者である徳田虎雄です。もしかしたら「徳洲会事件」というキーワードをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。当然、その顛末は知られているわけですが、その背景で何があったのか?周囲...

『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』

『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』アトゥール・ガワンデ吉田 竜 訳第240回の今回は、Twitterでご紹介いただいたこちらです。「チェックリスト」という言葉を聞いてどんなイメージを持たれますか?「世の中には、手術の安全性を劇的に改善したチェックリストがある」という事実を聞いた時、どんな感想を持たれますか?本書はその「手術のチェックリスト」を作ったガワンデ先生が自ら書いた一冊です。いかにしてミス...

『ジム・クラーク/偉大なるヒーロー像』

『ジム・クラーク/偉大なるヒーロー像』ダグ・ナイ 著森岡 しげのり 訳第237回の今回は、世界最高峰のモータースポーツ、F1の歴史の中でも最も優れたドライバーの一人に挙げられるヒーローの姿に迫るこちらです。1960年から1968年までの間に文字通り世界を駆け抜けたジム・クラークとはどんな人物だったのか?関係者へのインタビューや多数の写真でその素顔を描き出すノンフィクションです。簡単なあらすじジム・クラークは1936...

『スピリット・オブ・ロードスター ~広島で生まれたライトウェイトスポーツ』

『スピリット・オブ・ロードスター ~広島で生まれたライトウェイトスポーツ』池田 直渡第165回の今回は、書店で見かけて思わず手に取ったこちらのご紹介です。ロードスター好きならたまらない、細かい技術の話が沢山詰まった一冊ですが、「誰もが笑顔になれる車を作る」という壮大なミッションに挑んだ一企業のノンフィクションとしてもアツいものを感じる事が出来る一冊でもあります。技術に関する話はかなりマニアックですが、何...