FC2ブログ

『ヒロシのソロキャンプ ~自分で見つけるキャンプの流儀~』

『ヒロシのソロキャンプ ~自分で見つけるキャンプの流儀~』ヒロシ第261回の今回は、『ひとりで生きていく』『働き方 1.9 君も好きなことだけして生きていける』を紹介したヒロシさんの最新作であるこちらです。ソロキャンプの動画をYoutubeにアップし、絶大な支持を得たヒロシさんが、満を辞して自身のソロキャンプをテーマに書いた一冊です。ヒロシさんが使っているキャンプギアの紹介から、火起しのテクニック、Youtube動画撮...

『外科系医師のための臨床研究 手術を評価するアウトカム』

『外科系医師のための臨床研究 手術を評価するアウトカム』本多 通孝実に1ヶ月ぶりの更新となる今回は、仕事関連で読んだこちらをご紹介します。「臨床研究」というとやや耳慣れない言葉かもしれません。本書はそんな臨床研究をテーマにした「外科医系医師のための臨床研究」シリーズと銘打たれたシリーズの第2弾ということになっています。簡単な内容紹介非常に大雑把な定義ですが、治療手段として何らかの手術を行うことを専門...

『若い読者に贈る美しい生物学講義 感動する生命のはなし』

『若い読者に贈る美しい生物学講義 感動する生命のはなし』更科 功第254回の今回は、ズバリ生物学にまつわるこちらの一冊をご紹介いたします。(今の所)地球上に存在するありとあらゆる生命を対象とする学問、生物学。学問の対象とするにはあまりにも莫大な多様性を持った生物の基礎から最先端の知見まで、そのエッセンスが面白くわかりやすく紹介されています。生物学の考え方に触れることで新たな発見に出会える、好奇心という...

『マンガでわかる世界の名著』

『マンガでわかる世界の名著』NHK「100分de名著」制作班漫画:斉藤 的作第247回の今回は、以前Munehito Kiriさんがブログで紹介されていたこちらです。「名著」とされる作品は時に難解で、とっつきにくい印象を持ってしまいがちです。どんなスタンスで読めば良いのかもわからないと、読んでも内容が頭に入らずどんどん混乱してしまうこともありますよね。そんな「名著」を読むきっかけになり得る一冊です。なかなか時間がないけれ...

『ゾンビ襲来 国際政治理論でその日に備える』

『ゾンビ襲来 国際政治理論でその日に備える』ダニエル・ドレズナー谷口 功一・山田 高敬 訳第241回は、ちょっと毛色が変わって「ゾンビ」にまつわるこちらをご紹介します。原題は『Theories of International Politics and Zombies』。もしも映画のようなゾンビパニックが起こったとして、そのとき国際社会はどのようなアプローチで対策を講じるのか?という命題に国際政治理論という切り口で挑んだ意欲的な一冊です。簡単な内...