FC2ブログ

『息の限りに遠吠えを』

『息の限りに遠吠えを』萩 耿介第120回の今回は、書店で偶然見かけて手に取ったこちらです。犬好きのアザラシとしては手に取らずにはいられないタイトル&装丁ですねぇ。ジャンルは「歴史小説」にしましたが、それで良かったかはよくわかりません…。簡単なあらすじ時は幕末、黒船来航をきっかけに日本からアメリカに渡ることになった犬が主人公です。アメリカ大陸に渡った犬は、そこで虐げられて暮らす人々や動物達と出会います。犬...

『最後のオオカミ』

『最後のオオカミ』マイケル・モーパーゴ訳:はら るいイラスト:黒須 高嶺第74回の今回は、ちょっと前に読んだこちらです。小学校3-4年生の読書感想文コンクール課題図書だそうです。「ジャコバイト蜂起」や「カロデンの戦い」という歴史に基づいた作品ですのでカテゴリは「歴史小説」としましたが、例によってカテゴリはあまり気になさらないでください。簡単なあらすじ現代のイギリスに生きるマイケル・マクロードは、インフル...

『天地明察』

『天地明察』冲方丁第59回の今回は、江戸時代の改暦をテーマにした歴史小説のこちらです。本作のために「歴史小説」ってカテゴリを作ってみました。歴史小説ですが、作中では天文学や数学も大事な要素として度々登場するので、アザラシのような数学好きにも大変楽しめる名作です。簡単なあらすじ時は江戸時代前期。800年前から使われている、中国の明から伝わったとされる宣明暦は徐々に実際の観測からずれ、月食の予測を外すよう...